バランスボール療育で我が子の得意不得意を見てみる

「遊びの広がりにくい発達障がいの子」はい。我が子です。
「発達障がいの子はバランスボールが好きです」と先日ご紹介した本に書いてあったのですが

我が子はビンゴでバランスボール大好き♪
「自分で遊ぶ」範囲がごくごく狭い我が子ですが、バランスボールは療育の時間じゃなくても、一人で跳ねたりシーソーしてみたりしています(#^^#)

 

スポンサードリンク


バランスボール運動の我が子が苦手なもの

協調性運動障害の強い子ですので、

チットチャットの「バランスボールその1」10こがんばろう♪のユーチューブもどこまで楽しんでできるかな?と不安でしたが、子どもも楽しく取り組んでいます♪

「その2」は半分くらいできないかな。

ちなみに「その2」はおかん(私)とおとん(オット)もできないですわww

 

「ブリッジ」は最初かなり怖がっていました

「その1」編の一番の「怖い」と子どもが感じたのが「ブリッジ」でした。

落ちないように私も必死にサポート。
最初は「手を床につかなくとも頭を下げれればよし」としました。

でも「落ちない」と自分で体感できたら、手も同時につくことができました☆彡

最初はつく手が「指だけ」だったのですが、時には、きちんと手のひらをすべてつけられるようにもなりました♪

今は補助なしでブリッジできます♪

 

えび(手を床につき、足をゆらす)運動はイマイチできてない(;´・ω・)

「シーソー」はすっごい好きで、しかも上手(我が子レベルからいえば)なんですよ。

でも「シーソーの変型バージョンのえび」は、足の動きがおかしいんですよね~。
補助すると何となく近づくのだけど、次の日はやっぱり足だけバタフライ(;´・ω・)

おかんもやってみたのですが「足を動かす」というよりも
「お腹の筋肉を使って足をゆらす」感じなんですよね。

なので「足はバタバタしないで足をそろえて動かしてごらん」と補助にも入るのですが、

「視覚」で見たときに「足が動いている」のが目に入るのかな?
なんか「赤ちゃんがおぼれています」みたくなってしまう・・(;´・ω・)

 

バランスボール自体は大好き!療育しても嫌がらない!

こういう「療育的なこと」って今まで座学中心でしたけれど、それなりに色々やってみても、

やるときは「(おかんに)お付き合い??」してますけれど、決して自分でやってみようとか、そういうのなかったの~。

 

でもね。我が子はバランスボールは大好き!!

何を買っても「これもダメだったか。。」という虚しさを何度も味わってきましたが、
バランスボール買ってよかった~~!!

  • ドリブルしてみたり~
  • バランスボールに乗ってピョンピョンしてみたり~
  • シーソーやってみたり~(シーソー大好き♪)

を、ちょっと暇な時間に、我が子自ら一人で気軽にやっています☆彡

 

運動超キライな子なので、バランスボールに出会えてよかった~♪くらいの感激!!w

 

ママもバランスボールにトライでもっと楽しもう♪

我が子の場合は、補助しないとできないものも多いため、
自分でやってみて「どうすればできるのか」を考えたりするんですね。

発達障がいの療育だからって、甘く見てると、けっこうヘトヘトになるわよ~♪

我が子の療育補助DE自分の運動不足超実感w

 

一緒にやってみたり、見本を見せたりすることで、ご自身の姿勢などもよくなるかもですよね♪

具合の悪い時によく読みました。過ごし方など参考になりました


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ