学校でもバスケが上手になったと先生が連絡帳で教えてくれました★

最近、家でバスケットボールごっこをやるのが、たーさんの好きな遊びの一つでして、

ドリブルをして、チェストパスの投げ方で階段の壁にぶつけて、
落ちてきたボールを見たり(?)キャッチしてりできるようになりました☆彡

今まで学校では、バスケの時間は「ドリブルの練習」だけをしていたようで、
支援学級のお友達が「おお!たーくん走ってる~~!」とびっくりしてたみたい(笑)
走っているだけでビックリされるたーさんです(#^^#)

 

スポンサードリンク


早く走ってドリブルはできないけれど、動きながらドリブルができている

よ~~く考えたら、すごい進歩だ!!と今思った。

数年前は「ボールのドリブル」自体が相当難しかった記憶があって、ボールがあちこち行ってしまうんですね。

 

当然「走りながらドリブルの練習」なんて思いつきもしなかったくらいなのに、

家庭療育を始めて、「その場でドリブル練習」はしましたけれど、
教えなくても自分でできるようになったって、よく考えたら本当に超進歩!(^^)!

 

大きいボールほどドリブルがやりやすい

なので、バランスボールが一番ドリブルしやすく、小さいボールほど難しくなる。
言われてみればそうですよね。大きいボールほど安定しますものね。

 

もし、ドリブルができない!というお子さんをお持ちの保護者さんは、

「バランスボール55センチ」というものを買って練習したら、
もしかしたらコツをつかめるかもしれないですね★

 

バランスボール自体でもお子さんも親も色んな運動ができますよ♪

ちなみにこのポーズは姿勢を整える効果があるそうです♪

バランスボール

バスケが学校でできた。というのが、たーさんの自信につながっているといいな~

体育は特に「別指導、補助指導」が当たり前の子ですので、
(過去にはそれさえしなかった担任の先生もいましたが"(-""-)"

「少しでもみんなと同じようにできた」ことが、大きな自信になってくれるといいな~。
って思います(#^^#)

 

たーさんからは、バスケについては、特段に何の話も聞かないけれど、
家であったちょっとしたことでも、連絡帳に書いて、担任の先生と共有するのも大事だな~。

とも感じています。

 

今回も連絡帳にちょこっと
「最近、家でバスケごっこを一人でやっています」と書いたら、

「上手になりましたよ~!走ってできるようになりました!」ということがわかったのでね^^

 

そして「走っただけで驚かれるたーさん」
どんだけ学校で動いてないんだろ((+_+))

具合の悪い時によく読みました。過ごし方など参考になりました


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ