WISCIV検査結果 12歳でFSIQ67でした。

いつもは療育手帳の更新のときに田中ビネーをやっているのですが、今回は中学を支援学級にするかどうか。ということでWISCをやりました。

今までは児童相談所での更新だったので、田中ビネーの中身はごく簡単にしか教えてもらえなかったのですが、今回は学校での検査だったので、夫と時間を取って聞いてきました。

苦手なところや支援の必要なところも詳しく聞けてとても有意義でした!

 

スポンサードリンク


FSIQ67だけお手紙で来たのですが、もっと詳しく教えてもらいました!

田中ビネーの時も、いわゆる「全体のIQ」しか教えてもらえません。ざっと簡単に「勉強面は得意、コミュニケーションが苦手」ということくらいですね。

今回は学校での検査だったので「詳しく教えてください!」とお願いしました。

先生は「(私が)心配するからFSIQだけ教えるように」と言われたようなのですが「知りたいです!」とダダをこねて??詳しい結果まで教えていただきました。

 

何が苦手で何が得意かわかってるほうが親もやりやすいよ~(#^^#)

 

本当は聞けなかったはずのWISCの詳しい検査内容です。

  • 言語理解 80
  • 知覚推理 67
  • ワーキングメモリー 73
  • 処理速度 68

FSIQ 67

 

WISCIVの検査をした子たちのブログを拝見すると、言語理解からワーキングメモリーまで110など高くて、処理速度が85などバラつきがはっきりするお子さんが多いように見受けました。

「有意差がありすぎて大変」とありました。

このような子たちは、一見、何でも知っていて理解力もあるように見えるからこそ、生きにくさを感じるのかもしれませんね。

 

我が子も「有意差あり」 言語理解が得意

素人目では全体的に低いよね?と思うのですが、言語理解は得意だそうです。

  • 言語理解>知覚推理
  • 言語理解>処理速度

だそうです。10以上離れたらやっぱり「差」になるのかしらね。

 

ちなみに6歳のときのK-ABCのときは「ことば 素点1」でした。。。あれ?全く答えられなかったのに、逆に何で1点取ったの?みたいな?0はないのかな?

ひらがなも全く読めなかったのに、よく80まで伸ばしたでしょ~(*´ω`)我が子よ、よく頑張ってるね(*´ω`)

 

知覚推理が一番苦手なので新しい場面はかなり苦手です。

知覚推理というのは、例えば初めて中学校へ行きます。

玄関の張り紙を見ると「1年2組」のところに自分の名前がありました。

 

さてあなたはまずどうしますか?

1年2組の玄関を探してみる。自分の名前の靴箱を探して入れてみる。1年2組の教室を探してみる。教室に入ってみる。

中学生ならばまずここまでは何とかやると思うのですね。

 

我が子の場合「1年2組の張り紙」だけでは次にすべきことがわからない

1年2組に名前があることまでは何とかわかると思います。ただし、そのあと「玄関で1年2組の靴箱を探す」に至りません。

いただいた紙に書いてあるのは「具体的指示がないと作業に手間取る」とありますが、まさしく上記の例です。

 

それこそ先生が見つけて「なな息子くんかい?」と声をかけていただき「靴を履き替えましょう」と促される。

「どこがなな息子くんの靴箱ですか?」と導いてもらい、ようやく靴を履き替える。

 

ここで先生に去られてしまったら、我が子は玄関周りをウロウロしてるだけで、入学式には出られません。

なので、引き続き先生に「靴履きましたね。次どこに行きますか?」と促され、時には同伴されながら、ようやく教室へたどり着く。

 

こうやって書いていくと、本当に先生方ありがとうございます。という気持ちですm(__)m

 

さらに処理速度も苦手なので「早く行動する」ことが苦手

教室に入りました。何とか席につきました。のとたん「入学式なので廊下に並びましょう」と言われたらパニック!

「何?何?動き早いんだけど!!」という我が子心の声。

 

こちらは北海道なので、4月だとまだジャンパーが必要です。けれども我が子はほっておかれたら一人ジャンパーのまま入学式に登場してくれる可能性大です。

「ジャンパーはどこにかけるんだろう?」「とりあえず机でもいいか」とかいう「思考の柔軟性」が極端に低い。

というか「ジャンパーを脱がなければいけない」ことさえも気がつかないかもしれない(@_@)

 

言語理解が少しだけ高いので、周りのママは「勉強できるじゃん」と言うけれど。。。

もちろんそこが問題じゃない。ことは母のワタシが一番知っている。。。

でも参観で見るのは「勉強」が比較的多いので、支援学級のペースの勉強はあまり困難なくこなしています。

元々算数は我が子の中では一番得意なので「息子ちゃん、小数の掛け算とかできてるもん、普通学級でも大丈夫でしょ?」とか言われたりする。

 

しかし、何度も言うよ。我が子の問題は勉強ではないんだ。

ぶっちゃけ算数なんて、我が子くらいしかわかってない6年生の子っていると思いますよ。しかし何度も言うよ。問題はそこではない(´;ω;`)ウゥゥ

 

ということで何の迷いもなく中学も特別支援学級にお世話になります

WISCの検査は中学校に申し送るためのものだと説明を受けています。

なので、中学でも我が子の特徴はある程度わかってくれていると思います。ありがたいことです(*´ω`)

 

IQって「上げれば上げるほど学歴の高い学校に入れて、仕事もできまくる」と一般的には思われているのでは?

でも「そういうことではない」んですよね~(*´ω`)

我が子の場合だったら猛勉強をさせたら、もしかしたら勉強面はもっと伸びるかもしれない。

 

けれども「1年2組の張り紙を見て次すべきことを考える」ことは、別の訓練をしないとできないですし、そもそもが「我が子の特徴」と言い切られていますしね(;´・ω・)

ということで、1年生からずっとIQ70前後で来てる我が子を見ていると「IQは生涯大きくは変わりません」と言われたことを今改めて感じながら、

「今すべきこと」を我が子ペースでしていくまでです(*´ω`)

スポンサードリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ