正しくないけど(;´・ω・)我が子屈伸運動が何とかできたよ~!

本当は膝がきちんとついてないとダメだと思うのですが、それはまだ難しいらしい。。

でもでもでも!!しゃがんだ状態から手をつかずに立つことができるようになりました!!
前まで「しゃがむ→手をつかないと立てない」状態だったんですよ!!

高等養護学校の試験内容に「屈伸運動」って、できないよ!どうするよ!
という焦りから、家庭療育を始めた成果がちょっとだけ出たかな~♪

 

スポンサードリンク


屈伸運動の練習は全くしてません。バランスボールでの運動をやっています

屈伸運動のみならず、反復横とびもできないし、はさみの試験も怪しさ満点だし、

こりゃ「はさみだけ、屈伸運動だけ」ではダメだな。というのは何となくわかっていて。。

 

そうだ。昔、療育で「体幹が整えてから、手足の器用さを求めないとダメ」というのを聞いた!

「山登りがいい」というのは覚えているのだけど、家でも何かできないだろうか。。

 

図書館で療育の本を2冊借りてきて読みました。

これがですね♪どちらもすごくよくて、どちらも購入しました♪

一つはおススメ本。今はこちらを中心に療育しています。

 

最初はこちらを熱心に読んでいましたが、今は参考程度に見ています。

自分の本ってほとんどない家なのですが、繰り返し読みたいので買いました♪

 

バランスボール運動から取り組みました♪

バランスボール療育は2か月くらいやっていて、我が子も大好きなので、色んなバランスボール療育のあれこれを書いていきますね♪

もちろん長期戦は覚悟だったのですが、

屈伸に限りですが、バランスボール運動を1か月くらいやっていくうちに、
「手をつかないと立てない」という状態は脱することに成功♪

 

こうやって効果が出ると、もう家庭療育楽しくて仕方ないから!!

 

我が子は「足を伸ばす」系が苦手らしいということがバランスボール運動で発覚

今はだいぶきれいなフォーム?になってきましたが、
最初「動画を見て自分でやっている」ときは、ほとんど足は曲がっていました。。

屈伸ができなかったことから見ても、
「足をコントロールする力???」が弱いのかな~~??

 

スパルタママ、足伸ばす運動は何回もチャレンジさせる!

イマイチだったころは、落ちないように補助しながら、ある程度キレイに足が伸びるまで、かなり「特訓??」しました。

ときには自分(私)がやってみせながら。。

 

「今の実力+1」を頑張る

これが大事なようで、その時の我が子は「バランスボール運動の中で足を伸ばすこと」は、
ちょうど「+1」だったのかもしれない(#^^#)

 

諦めないって大事ですね!!

屈伸ができないからって、日常生活で何か困る?

いえいえ。困りますよね。

屈伸ができないということは、例えば「床にあるものを両手でつかんだら立てない」ということですから、仕事や日常生活に差し支えます!!

その他にも、思いもよらないことで大変な思いをしているかもしれない。

私も運動は苦手だけど、屈伸はできるので。。。

 

「我が子が日常生活が少しでもしやすくなるように」楽しみながら、療育頑張ります♪

具合の悪い時によく読みました。過ごし方など参考になりました


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ