個人懇談で運動面での大きな成長を聞くことができました!

今までの個人懇談の中で一番嬉しかったかも♪
運動面もさることながら、表現力なども成長してきた。とのこと☆彡

しかも!
「家庭療育で正中線が整ってきてるんでしょうね!これからも色々できるようになりますよ!」
とおっしゃっていただき、ますます家庭療育にハマりそうです♪

一番ビックリしたのが
「5回に一回くらいはバスケットボールのゴールにボールが入るようになりました」
と言われたこと!!

 

スポンサードリンク


一年生の玉入れで一人で遊んでいたことを思い出すと涙が出るほど嬉しい!!

一年生の運動会の玉入れでは、もちろん想定内でしたけれど、
「かごに入れる」動作は全くなし(´;ω;`)

たーさんは「かごにいれよう」としてるのかもしれないけれど、
玉が飛んでいく方向は、真上だったり、後ろ(??)だったり、

しかも、時間内で3回くらいしか投げず、あとは飛び跳ねていた( ゚Д゚)

 

玉入れすら困難だったたーさんが、バスケゴールにボールをINできるなんて感動!

だって、玉入れすら「全く」できなかったのですよ!

「入りそうだけど惜しい」とか、全くそういうレベルじゃなくて、
「ルールわかってます?」に近い状態だったのに。。。

 

去年まではボールを高く投げることすら難しく、フラフープに入れていた

と先生からお話があり、「うん、そうだったろうな」と思いました。

 

それが、それが!!

「高くボールを上げる」ことができて「ゴールに狙う」ことができて

「しかもちゃんとゴールすることもある」

ミラクル奇跡ですって!!ホント!!

 

運動面が伸びてくると自信がついてきて生活面も積極的もになる

買った本の中に書いてあったのですが、これ本当にそうですよ!
実は私自身がそうでした(*´ω`*)

ななママも、不器用&運動神経0人間でして、
体育のときはいつも「足手まといにならないでよ!」と言われたものですー(´;ω;`)

 

それがですね。中1のときに、ななの中で何の変化があったのかは思い出せないのだけど、
一時期だけ人が変わったみたいに、ボール運動が怖くなくなったんです。

ドッチボールなんて「ボールを受ける」なんて最強怖すぎて、絶対ボールに触れないようにしていたのに、

何の心の変化なのか未だに謎なんだけど、ボールが怖くなくなったんですよ。

 

そしたら、超強い子のボールも取れるし、めっちゃ投げれるし、

コートの中で3人くらいになったら、ますます何かのスイッチが入って、
「ボール受けるのは全部ワタシに任せて!」状態!?w

自信たっぷり

生活面でも一時期人が変わったようにハキハキ活発型になった

学生の時は、中一時代半年だけくらい活発型だっただけで、
あとは目立たぬ人間で過ごしましたけれどw

やっぱり、根っこは残るものらしく、
「自信がつくと自分の発言や行動が怖くなくなる」んですよね。

 

ということで、人生2度目の「活発期」は、4年勤めたOL時代にやってきて、気付くと
「向かうところ敵なし、ななの発言みんな感嘆!!」状態になっていて、

さすがにこれ以上調子に乗っちゃいかん。というタイミングで結婚退職しました☆彡

 

たーさんにも療育を通じて「自信の根っこ」を育ててあげたい!

ななママのどうでもいい話でかなりの文面を占めてしまいましたがm(__)m

「調子に乗れ」ということではなくて、
自分の思いを自信をもって伝えられる」ところも目標にしていきたいです。

 

そして、運動面を伸ばすことで「自信につながる」というのは、
自分自身でよく体験しているので、その時のことも思い出しながら、

たーさんペースで、また色んな療育を楽しんでいきたい!
と改めて思った個人懇談でした(*´ω`*)

具合の悪い時によく読みました。過ごし方など参考になりました


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ