精神障害、障がい者自立支援法での医療費1割負担の申請方法

全般性不安障害、パニック障害やうつ病などでも、治療に長くかかると医師が判断すると、

「自立支援医療 受給者証」
(北海道の場合の名称)

というのを請求することができ、
これを適用すると、
指定した病院のみですが、医療費が1割になる制度
がありますので、

 

精神科に定期的に6ヶ月以上くらい通っていて、
なおかつ、定期的にかかることが明らかなときは、
一度、医師か、精神科のケースワーカーに聞いてみてくださいね^^

 

 

スポンサードリンク


私は退院時に先生が診断書を書いてくれて、そのときから1割負担です。

なので、入院前は、この制度知らなかったので、
申請もしてませんでしたし、

医師も教えてくれませんでしたので、
しっかり3割、3000円以上、毎回払ってました^^;

 

入院したので、長く通院することが明らかだったので、
私は何も知りませんでしたが、診断書を書いてくれました。

この診断書代は1回3000円。(私が通う精神科の場合)

 

この診断書は、治療に変更なければ、2年に1回提出なので、
一回3000円を払っても、
十分すぎるほど、後々の診察代は助かります。

(今は一回1320円の負担で済んでますので。。)

 

 

自立支援医療 受給者証をもらいたいときの流れ。

まず、医師の診断書が必要なので、主治医に、
「自立支援という、1割になる制度があると聞いたのですが、
自分は該当になりますか?」
と聞いてみてください。

 

精神障害手帳や、障害年金とは違い、
病名は関係ないはずですので、
(治療に長くかかるかどうかが一番の決め手となるはずです)

6ヶ月以上、継続して通っているのなら、まず、該当になると思われます。

 

そして、医師に診断書を書いてもらい、
それを役所にもっていきます。

役所のほうで(正確には、県や道など)が判断して、
受給者証を渡してもいいということになれば、

自宅に受給者証が送られてきます。

 

確か、申請から1ヶ月半くらいかかったと思います。

 

申請日から、1割負担になるのですが、
その申請書を見せたら、1割負担にすぐなる病院と、

受給者証がきたら、申請日までさかのぼって返金されるか
どちらかになります。

私の病院は後者でした。

 

受給者証をもらう流れとしては、

1、医師の診断書をもらう。
2、それをもって役所へ行く
(診断書と申請の用紙はコピーしててください。)
3、後日受給者証が届く

という流れです。

 

障害手帳や障害年金は簡単に行きませんが、

障害手帳がもらえるかどうかの話をしたとき、
私の主治医も、「自立支援ならとれるんだけどね」と、言っていたので
(もう、もらっていたんだけどね^^;)

 

治療に長くかかっているのなら、病名は自立支援の場合は問われないのでは?
と思います。

 

精神科に長く通っている方、ぜひ、聞いてみてください^^

具合の悪い時によく読みました。過ごし方など参考になりました


こちらの記事もどうぞ

One Response to “精神障害、障がい者自立支援法での医療費1割負担の申請方法”

  1. やーこ より:

    結婚していますが、私はパニック障害で、体調にむらがあり、不安も強い為、働く事が難しいです。毎月かかる精神科医療費を軽くしてもらえるか不安です。
    先生には、必要ないと言われそうで‥

やーこ にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ