高等養護学校(特別支援学校高等部)のことを急に調べてみて安心♪

我が子はIQ75の境界線知的障害、広汎性発達障害の子どもです^^
今は特別支援学級(普通学校の中にある)4年生です。

高等養護学校に進学することもほぼ決定ですし、
(普通高校に行き、普通就職では本人の負担が重いと思われるため)
「しかも徒歩圏に養護学校があるので」(はい、ここがポイントだった)

「学費も小中学校並みにしかかからないし、しかも徒歩圏にあって、
安心だな~」なんて、ちょっと余裕気味だったのね^^w
ところが!!

 

スポンサードリンク


特別支援学校の高等部は徒歩圏になかった!

という、とんでもないことが発覚!!(そんなにとんでもないこと?)

だって、バスで行く必要すらないなんて、本当に恵まれてるな~!
とか思ってましたら、

徒歩圏の特別支援学校は「小学部と中学部のみ」だったのです!!衝撃!!!

 

早速「特別支援教育センター」に電話!

その他の高等養護学校って、かなり遠くにしかないんですね。
(と最初思ってましたのね)

「スクールバスも出る学校と出ない学校がある」とのこと、
それも、自宅近くまで来るとは限らないとのこと。

「(私の障害上、毎日の遠くの送り迎えは大変なので)寄宿舎を視野にいれる
必要があること」

なんかを色々お話したのですね。

 

職員さんと話してるうちに、実家の徒歩圏に養護学校があることを思い出した

いきなり話の途中にw
「そういえば●●地域にある、あの養護学校は高等部ですか?」
とやぶからぼうに聞いてみるw
(いかにも精神障害者っすみたいな感じだったろうな~^^;)

「はい、そこは特別支援学校の高等部(知的)ですよ」

(ちなみに、特別支援学校の高等部は、知的、肢体。。と別れており、
我が子であれば、今「情緒クラス」に入ってるので、「知的」の高等部となるそうです。
中には、一緒のところもあるかもしれませんが、札幌市立は分かれている印象です)

 

おおお!!近くにあるではないか!!
(近くと言っても自転車だと30分程度かな?車なら10分少々。
実家からなら歩いて10分)

しかも実家には子どもはたまに行くので見慣れた景色。

まれに特別支援学校にも「私立」があるらしいのですが、
(私立だと学費が当然高くなりますよね。。おそらく)

「札幌市立」の学校になるとのこと^^学費面も問題なし^^

 

スクールバスも最寄り駅??から出ていた^^

全然最寄りじゃなくてwwバス停から乗って40分位かかりますけれどw
そのバスは義母が、義母宅に連れて行ってくれるのに、
月に3回くらいは乗せてくれているので(義母は車がなく、私は送るのが難しいので)

バスに乗るのも問題なし^^

 

終点についたらスクールバスにのる^^
しかも「スクールバス発車朝8:30」とそれなりに余裕もある^^

あとはまっすぐ学校に着く^^
良かった~!近くの学校に気がついて^^

 

実家が近いので、いざというときは徒歩で実家へ帰ることも可能^^

まあ、めったにないでしょうけど、それも安心の一つ^^

まだ4年生、でももう4年生。あっという間に6年後は来るでしょ??
あとは、見学で我が子に合う学校だといいな~!!

でもHPを見た感じでは、行事も多すぎでなく、無いわけでもなく、とても良さそうです^^

 

遠くに通ったり、寄宿舎も考えなくちゃ。。。って思ってたけど、
本当に割と近くに高校があって本当によかったです^^

 

特別支援学校は、普通高校のように「自分は近くの学校に行けばいいです」
というわけにはいかないので、

早く「徒歩圏の学校に特別支援の高等部はなかった」ことに気がつけてよかったです^^

 

そして、今やっている何気ないことが、すべて将来につながっていたのかもしれないと
改めて周りの人に本当に感謝です^^
少しでも「病気がよくなるように」することが私の努めですね^^

気負いではなく、自分が、子どもが困らないようになるために^^

 

ちなみに「特別支援教育センター」の方もとても親切にしてくださいました^^
ありがとうございました^^

具合の悪い時によく読みました。過ごし方など参考になりました


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ