特別支援学校の高等部に「普通学級出身」は入ってほしくないのだが。。

そうなんですって!
私もつい先日、ママ友から聞いてびっくり!!

「特別支援学校」なのだから、当然「療育手帳所持」や「特別支援学級出身」
が条件なのかと思ったら、それも条件なのだけど、募集要項にチラッと
「中学を卒業した者」と書いてあるではないか!!

何でも、成績が悪くて、どこも行けなくて「養護学校へ」となるらしいが、
「知的障害のない成績の悪い子」と「知的障害や発達障害のある子」は
全く!!全く別物なのですが!!!!

 

スポンサードリンク


入試をするので成績がふるわないと落ちてしまう・・・。

ちょっと待って下さいよ。
それじゃ、何のための「特別支援学校」なのですか?

特別支援学校に入学するからには全員に「療育手帳所持」させてください!!

「療育手帳を持ったら就職で障害者枠になるじゃない」なら、私立の高校に行って!!
私立なら探せばどこか入れますから!

 

最近の親は子どもに無関心なのも多いから、
「養護学校出身」だから何?ってのもいるかもだけど、

いやいや、そうじゃなくてさ。

養護高等学校っていうのは「知的障害」や「発達障害」があって、
「普通に高校を出ただけでは働けない」から、そのために訓練するの。
(のはず・・。)

 

広汎性発達障害のニート問題

これ、ヤフートピックスで出たことがあるはずなのだけど、
「特別支援学級」というのができたのが「H19年」なので、

我が子のような障碍のある子で
今20代くらいの人たちは「普通高校」なんかを出てるんです。

でも、学校入ってから12年間「お客様」でいたはずです。

 

広汎性発達障害に気づかず社会に出ました。

発達障害があって、軽度の知的障碍も伴ってる場合、
まず「コンビニ」などでいきなりアルバイトはできません。

 

例えばうちの子ならば、コンビニでたくさんのジュースに囲まれて
「これ補充しておいて」と指示されたとします。

私達、普通発達の人ならば、これだけの指示でやることわかりますよね?

 

ところが「発達障害」があると、これだけの指示では何もできません。
でも何か指示されたようなので、

「コーヒーのところにオレンジジュースを横置きなのに縦に入れて」みたり。
「牛乳のところにコーラを置いたり」します。本当に。

 

指示するときは
「ここは缶のオレンジジュースでしょ?だから同じ缶のジュースを持ってきて」
ここで一回ストップ。

この指示がきちんと通ったら(ここから通らない場合もある)
次は「缶は同じ向きに置くんだよ。頭はこちら。おしりはこちら」
ここで一回ストップ。

指示通りできてるか確認。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

なんて普通のコンビニや仕事場でやってられっか!!
って指導側は思いますでしょ?

なので、本人は至ってマジメに仕事をしているのに、
周りからは当然「何であんなにふざけるんだ?」と思われ、
結局どこに行っても務まらずニートへ。。

となっている20代が多いというのです。

 

職場で困らないように高校で就職の訓練をする

養護学校(特別支援学校の高等部)は、勉強ではなく
ビジネスコースなどで商品管理の勉強をしたり、
本当に「就職訓練」をするようなカリキュラムになってます。

そして「障害者枠」というものを使って「障害者の雇用に理解ある」
ところに就職していきます。

 

普通発達の成績の悪い子はコンビニで働けるから。

そうでしょ?
コンビニでジュースの缶を補充するのに「学歴」は関係ないはずです。

知的障害がなければ「就職訓練」っていらないんです。
だって、よほど複雑な指示でも無い限り、普通の指示は問題なくわかりますから。

普通発達の子たちに、養護学校の枠を奪われるのは、それは「違う」と思うんです!

 

ずっと普通学級にいたけれど、高校に入る際に発達障害に気づいたとかならいいのです。
要するに「療育手帳所持者」ならばいいのですよ。普通学級出身でも。

 

特別支援学校の高等部は、我が子のような「知的障害」の子たちの「砦」なのです。
どんなに成績が悪くても「普通発達」ならば、バイトできちんと働けますから!

我が子のような子とは「根本的に違う」とどうか理解してください!

具合の悪い時によく読みました。過ごし方など参考になりました


こちらの記事もどうぞ

13 Responses to “特別支援学校の高等部に「普通学級出身」は入ってほしくないのだが。。”

  1. ささかま より:

    言いたい事は分かります。では、IQが一定以上あるゆえに療育手帳をもらえない発達障害児は、一体どこへ行けばいいのでしょうか?
    私は、知的障害の無い発達障害者です。小中高と普通学校出身でした。当然、療育手帳もありません。学校に傘をもって行ったのに忘れてびしょ濡れで帰宅したり、雪の日に上履きのまま帰ってきて足が霜焼けになってしまった事がよくありました。
    あまりにも忘れ物が多いため、親が玄関に絵の具セットを置き、「明日の朝はこれを持って行くんだよ」と何度も言ってくれましたが、それでも忘れました。運動も極端に苦手で、小学生の頃は体育の授業で私をチームに加えると邪魔になるので露骨に嫌がられる事がよくありました。
    確かに勉強は人並みか、それ以上にできました。でも、勉強だけしかできませんでした。
    「どうしてこんな事したの!と怒られた時に、理由を説明すると相手は余計に怒る事がある」とか、「太っている人に面と向かって太ってるねと言うのは失礼」という「普通の人なら言わなくても分かるような事」は、誰も教えてはくれなかったのです。
    私は学校で勉強なんかより「世の中の見えないルール」を学びたかったです。

    • なな より:

      ささかまさん、
      コメントありがとうございます。

      私は、ささかまさんのような方のために「養護学校」があると思っています。私も勉強不足で申し訳ありませんでした。

      療育手帳がなくても「社会で生きていくうえで困難がある」場合の人のための養護学校。そう思っています。

      ささかまさんは、専門の医療機関には行かれたことはありますでしょうか?

      診断がついている場合、手帳がなくても、福祉のサービスが受けられる場合もあり、その中で困り感を少しでもなくすことができるかもしれません。

      我が子もこれからが子育て正念場に入ります。
      親として、ささかまさんのコメントを大事に、一生懸命頑張っていきます。

    • まる より:

      うちの息子にそっくりです。
      勉強は、できる方ですが常識と言われていることが、出来なかったりずれていたり。
      いま、中学生です。告知はしていません。
      どんな進路が本人のためになるのか?
      親としてできることは何か?
      主観的な考えで良いので、知りたいです。

      • なな より:

        まるさん、
        コメントありがとうございます。

        子育て歴が私の方が浅いので、十分にお答えできないとは思いますことをご了承ください。

        今は、学校の中に支援学級を併設することが義務化されているかと思います(公立小中学校の場合)

        そして、支援学級の先生の中に「普通学級だけど、困り感を相談できる」先生がいるはずです。

        そちらの先生に相談してみてはいかがでしょうか?

        進路等も含め、相談に乗っていただけるかと思います。

        また、児童相談所にも、
        「何か困り感があるようだ」という相談をすることができます。

        専門家に一度、お子さんの様子を話した上で、
        どのような進路を決めるのがいいのかを相談されてみたら、
        ご心配も減るのではないかと思います。

    • 匿名 より:

      発達障がいについては、法改正により「精神障害者保険福祉手帳」という障害者手帳が出るようになりました。
      もちろん、障害者としての就労もできます。

      これは余談ですが、法定雇用率が1.8→2%に上がったのは、障害者手帳の対象が広がった、つまり障害者の定義が広くなったからであるといわれています。

  2. レシェフ より:

    現在高校2年生とある特別支援学校(養護学校改名されました)にかよってる 自閉症、軽度の知的障がい者 軽度のコミュニティー障がい者です  多少話す言葉が見つからないくらいで普通に話せます あなたの記事に無性に腹が立つ軽度の知的障がい者 軽度の発達障がい者はいきなりアルバイトができない? できますからとあるスタミナ太郎キッチン調理場で調理普通にでやってます バイト先には中卒といいバイトしてますが、1年半続いています 時給も給料も一般の高校生と同じです 辞める際は、定時制の学校に通うため勉強に専念します といって退職する予定 知的障がい者をバカにするな 知的障がい者側としたらイライラしてくる

  3. すん より:

    重度であろうが軽度であろうが、はっきりいって、困り感は同じですよ。当事者ですが、大人になるまでわかりませんでした。学校の先生も親も本人も知りませんでした。でも、自分自身みんなのようには出来ないことが多々ありなんで何だろうとずっと悩んでいました。今でこそ理解されつつありますが、私が学生の頃は、本当につらく毎日死にたいとしかおもえませんでした。今でも二次障害に苦しんでいます。軽かろうが重かろうが、発達のアンバランスからくるしんどさは同じです。

  4. 牛乳 より:

    特別支援学校の高等部に入学されたということは
    療育手帳所持の知的障碍者か、手帳は取れなくても
    発達障害等の診断がある人ですよね。
    なので、勉強のできない普通発達と言われている人は
    そもそも入学もできないし、受験資格すらないですよ。

  5. ママ より:

    どこから障害なのかですよね。
    知的障害はIQ70以下(自治体によって多少違いますが)で手帳取得ですが、じゃあIQ78くらいの人は普通のクラス勉強できない人であり。
    やっぱり困り感はかなりあると思うし、支援が受けられない分生きづらいでしょうね。

  6. 匿名 より:

    私の子供はADHDとLDを抱えてますが、IQ82のギリギリ平均値なので療育手帳は現段階では取得出来ない状態です。
    今は療育手帳が無くとも(知的発達が手帳取得程でなくても)、社会生活に困難を極めている者も学校教育法の改正で特別支援学校に行けるようにはなったようですが、それでも今だに療育手帳有りきの状況です。
    IQで軽度重度・療育手帳有りきで見られてしまう風潮は、ウチのような場合は本当キツいです…

  7. より:

    わが子は、小学校から中学は発達障害で特殊学級に通っています。少しずつ知能が上がったのは喜ぶことですが、今受験生になり手帳が貰えなくなるかもと特殊高等学校に行けるかわからなくなりました。公立に受験が成功しても周囲の理解や就職活動に必要なことを考えると特殊学校を希望してしまいます。特殊と公立[私立は経済的に無理]の両方受験は出来るのでしょうか

    • なな より:

      月さん、
      コメントいただきありがとうございます。
      返信が遅くなり申し訳ありません。

      >特殊と公立[私立は経済的に無理]の両方受験は出来るのでしょうか

      札幌の話ですが、支援学級ですと内申点がつかないので、公立への進学はほぼ不可能。と言われています。

      北海道ですと月形高校(公立)は支援学級のお子さんの受け入れもあるようなのですが、札幌からですと相当遠いです。。

      まだ中1なので、詳しくわからないところもあるのですが、今のところはそのように聞いております。

  8. はな より:

    障がいのない単に成績の悪い子は、特別支援学校の受験資格はありませんので、ご安心ください。

    特別支援学校高等部を受験するには、事前相談が必須で手帳の取得もしくは医師の診断書が必要です。

    また、特別支援学校の願書出願および入学手続きは一般の高校よりも早い時期に行われます。

    なので、どこにも受からなかった後に出願できません。

    特別支援学校の高等部は卒業しても高校卒業資格を取得できませんので、そもそも障がいがなく障がい者枠の就職を目指さない単に成績の悪い子が進学する意味がないのです。

    心配しなくても、単に成績の悪い子は私立高校、公立の定時制高校等に進学しますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ