発達障害、知的障害児の特別支援学校高等部、高等養護学校の学費

さらっとしかわからないのですが、先日高等養護学校のお話を色々聞いてきまして、
多分、該当される方はそれなりに気になるであろう「学費」が大方わかりましたので
記事にさせていただきます^^

なお、本当に「簡単な説明」でしかないので、これ以上のものがかかる可能性もありますので
ご了承ください。

小学校から特別支援学級以上の障害の重い子には大方支給されてるであろう「就学奨励費」は引き続き高校でも出るようです。(高校の奨励費の金額は不明ですが)

 

スポンサードリンク


学費は本当におおよそ小学校と同じ程度です。

小学生よりは少し掛かるかな?という程度です。

 

入学時、制服等で12~13万円。

寮が併設されている学校ですと、自宅からお弁当を持ってくることができないためか、「給食費」という書き方をしてるので、おそらく給食が出ると思います^^(ラッキー☆彡)

出ない学校もあるかもしれません。

 

給食費、PTA会費、旅行積立費などで、通学生だと月10000円~20000円
寄宿舎生だと月13000円から40000円程度。

「就学奨励費の区分で違います」とありますので、おそらく親の収入で決まるのかな?

 

寄宿舎の月4万円というのは、子供の生活費は家でかからなくなりますが、少し負担かもしれないですね。。ただ、平日は3食つきですので、安いのかな?

 

通学費は「就学奨励費」で賄えるらしい

これは資料には書いてなく、ヤフー知恵袋で実際に特別支援学校の高等部に通っている子のお母様が回答してたのですが、

通学費も定期代等で1万円くらいしますよね?
それは全額就学奨励費でおりてきます。と書いてありました。

 

そこそこの県等で金額は違うかもしれませんが、全額負担にはならないと思います^^
(収入が多い家庭は就学奨励費自体がおりませんが、かなりの高給取りです)

北海道で3人家族(2人扶養)で年収700万円近い家庭まで出るので、もう90%のご家庭ははもらえると思ってOKかと思います^^(共働きでもどちらか一人の収入です)

 

就学奨励費??もっと収入の低い家庭じゃなくて??

ここで言っている「就学奨励費」は「特別支援学級以上の障害のある子供を養育している家庭」におりるものです^^

 

普通学級の「就学奨励費」はかなり年収が低くないと該当しませんので、
この記事自体全てが「パス」ですので、申し訳ございませんm(_)m

 

小学校から就学奨励費おりてますし、給食費の半分や、用具代等で年間44000円くらいいただけますので、今は実質無料に近い形で通わせてもらってます。

高校もほとんど義務教育と同じ程度しかかからないと、実際通わせてるお母様は回答されますね。

 

その代わり、就職が「福祉就職」というところになる子が多く、福祉就職の間は最低賃金も保証されない形態もあるそうです。

 

なので、児童手当も、奨励費も、特別児童手当も全部貯めてあります^^;

私たちがいなくなったら、何かあったとき、少しでも生活費に足せるように、国に面倒を見ていただいてる今のうちに用意しておかないとなりませんものね。。

 

節約ブログのほうで、たまに「生まれた子供が障害があって。。」というご相談をお受けしますが、金銭的には高校まではほとんどお金はかからないと思って大丈夫です^^

 

デイサービスも例え毎日通っても定額以上払わなくてもいいんですよ^^
なので、躊躇せず、どんどん通わせて、色々と伸ばしてあげましょう^^

ちなみにうちで平日毎日通わせたとしても、月4600円以上はかかりません^^
(100円程度材料費とかがプラスされるくらい)

というか、特別児童手当が支給されればプラスになります^^

 

なので、療育手帳や特別児童手当の申請など、今できることはどんどんしていって、準備していれば、働いてからも少ないとはいえども、障害年金もおりますし、お給料も出ますので、
身の丈にあった生活をしていれば大丈夫でしょう^^(と自分に向かって安心させるw)

 

将来色々心配ですけど(私も~(´;ω;`)
自分の子供の力を信じて!!今できることを頑張りたいと思います^^

具合の悪い時によく読みました。過ごし方など参考になりました


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ