宿泊学習無事帰宅! 我が子一つ大きく成長したね(*´∀`*)

先日、5年生宿泊学習がありました。

支援学級のベテランの先生が引率してくださり、
「幼稚園のお泊り会か?」みたいなことまで、A4の紙2枚に色々書いてお願いし^^;

それでも「夜寂しいって思ってないかな」「夜の散歩で虫来て、大声あげたらどうしようΣ(TωT)」とか、もうもう心配事は尽きない状態で送り出したわけでして。。

 

スポンサードリンク


先生のきめ細かいご配慮に心から感謝です

A4の紙に2枚書いたけれど、もうそれは「最低限」でして、
(最低限がA42枚という恐ろしさ)

例えば、お風呂のタオルなんて絞れないんで、着替えとバスタオルとそのほぼ水を80%吸ってるタオルを全部一緒くたにしてくるぐらいのことは想定済でしたし、

もうぶっちゃけ、1日目の服と2日目の服が同じでも構わないと言っておいたし、

 

「とにかく、細かいことなんて気にしないで、楽しんでおいで^^」
と顔では笑い、心では超心配モードでした。。

 

でも、我が子が苦手なところをいつも把握してくれている先生は、
こちらがお願いしなかった、お風呂のタオルも絞って、別の袋に入れてくださっていました。

ふとんをたたんだりすることも、お手伝いしてくれたそうです。

カバンを開けたとき、一目で「かなり援助してくださったな」とわかり、感激しました。

 

トイレも4時に起こして連れて行ってくださいました

我が子、とにかく「うんち」が気になって仕方なくて、
「誰もいない時間にする!」と固く何度も決意表明していた

1日くらい出ないこともある。というタイプではなく、毎日しっかり排便タイプなので、
うんちを我慢して、2日目の見学中に下痢になった。とか言ったら大変なので、

 

「申し訳ございませんが、朝方、誰もいない時間帯に排便させてほしいのですが」と、すごいご迷惑なお願いだな~。と思いつつも、

お腹痛いとなったほうがもっと大変だと思い、A4の紙に書いてお願いしました。

その他にも「最低限、これはしないとまずい、しかも多分一人ではやらないだろう」ということをお願いしました。

 

ご迷惑極まりないな。。と思いつつ、返ってきた連絡帳には

「色んなことができた!と充実した宿泊学習になるように、しっかりフォローさせていただきます」と書いてありました。

本当に感謝しております。

 

心配極まりない母をよそに、心配なところを楽しんできた我が子^^

一番心配だったのが「夜の散歩」と「寝るとき」で、

自然いっぱい♪のところですので、もちろん、我が子の宿敵「THE・虫」はわんさかいるわけでして、

学校でパニックを起こしたことがないと思うので、我が子のパニックを先生で押さえられるだろうか?とかすっごい心配したのですが、

「夜の散歩楽しかった♪」とあっさりご報告(*´∀`*)

 

寝るときの部屋も、支援級の子が我が子一人で、あまり馴染みのないであろう普通級の子と寝るのは寂しいんじゃないか?と、部屋割りはかなり先生にも掛け合ったのですが、

「成長のチャンスと思って、この部屋割りにしました。当日不安感が強ければ部屋を変えることはできるので」とおっしゃっていたので、

思い切っておまかせしました!

 

はい。一番楽しかったのは、寝る部屋と夜の散歩だったそうです(*´∀`*)

もちろん、みんなとトランプしたりとかはできないのですが、男の子特有の悪ふざけを見てるのが「超面白かった」らしく、

楽しい思い出のほとんどは「部屋の中」のことでした^^

 

親が心配して出すぎる必要はないのかもしれないですね^^

 

帰ってきた我が子と感動の再開!!

と思ってるのは多分母だけねw

 

もう、ワタクシ、時間を見ては

「そろそろ夜の散歩だ」

「そろそろ寝る時間だ、寂しがってないかな。見えないだけで、ママはいつも横にいるんだよって言ったこと、思い出してくれてるかな」

「具合悪くなってないかな?」と家デンと携帯を枕元に置いて就寝の10時を確認して、10時半頃まで起きてました。。

と、こちらが心配絶好調だった頃、我が子は楽しんでいたわけだ( ´▽`)

 

帰ってきたとき、もう「10年ぶりの感動の再開!」ってくらい、私が感動しちゃって、
「よく頑張ってこれたね、偉かったね」と抱きしめました(*´∀`*)

もうもうもう、我が子、本当によく頑張りました!!

 

そして、支援学級7人もの子を引率して、一人一人に適切に支援をしてくださった先生がいたからこそ、何事もなく、楽しく帰ってこれました。

重ね重ね心より感謝申し上げます。

 

我が子、来年の修学旅行の心配事。

「来年も○○先生(今年の引率の先生)かな?おしり拭いてくれるかな?」

 

ワタシ、オット一緒に
「来年までには自分でおしり拭けるようになってちょうだい!!!」

具合の悪い時によく読みました。過ごし方など参考になりました


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ