退院後はパニック発作よりも猛烈なだるさに困りました

実は一番きつかったのは「退院後の回復の遅さ」だったように思っています。

  • パニック発作は一番怖かった記憶。
  • 退院後、経験のないひどいだるさが一番辛かった記憶。ですね。

「元気な人でもだるいんだよ」とかいうレベルじゃない。今は歩き回って疲れてもあんなだるさにはならない(>_<)

だるさの質が全然違うのよね~。。

 

スポンサードリンク


慢性疲労症候群と言っても過言ではないであろう猛烈なだるさ

当時、パニック障害以外の持病のない36歳。

元々体力はないのですが、そんな次元ではない。本当に「動けない」んです。

  • 30分程度の家事をしてはソファに横になる。
  • 家事が終わったら子どもの帰宅までずっと横になっている。
  • そして30分ほど動くたびにまた横になる。

確かにね。今でも寝るのは大好きだけども、今はさすがにここまでは寝られないよ(;´・ω・)

 

慢性疲労症候群だともっとつらいと思うのですが、でも同級生の100分の1しか動けないような状態でした。

 

月経前はさらにだるさが悪化して、具合も悪くなりました。

これもまた「PMS」を飛び越えてた。

元々PMSはあったのですが、そんなんでPMSとか言ってちゃダメだわ。というレベル。

言葉でいうなら

  • 普段は38度の熱
  • 月経前は40度の熱

という感じ。同じくだるいのだけど、だるすぎて具合も悪い。。

頭痛が一番多かったかな。頭痛持ちではないんですけれどもね(;´・ω・)

 

入院して後悔はないですが、筋力の落ち方は半端じゃない。

入院なしで、あれだけの離脱症状を3週間で立て直すのはできなかっただろうから、入院自体はしてよかったと思っています。

しかしですね。筋力の落ち方は想像以上でした(>_<)

 

どんな病気でも入院して安静にしてると筋力って落ちるみたい。

何気にいつもやっている家事なんかがどれだけすごいか、書いてみて改めて思うのでありました。

具合の悪い時によく読みました。過ごし方など参考になりました


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ