トランポリンを飛ぶのが少しずつうまくなってきたよ♪

よく見たら「トランポリンで飛べていなかった」たーさん。

のちにご紹介したいと思いますが、発達障がいの子用の運動ビデオも購入してやっています。
何と!「ジャンプ」もイマイチできてなかったことが、もうすぐ12歳という段階で発覚!

そっかそっか。。地面でジャンプできないのに、トランポリンでジャンプ、もちろんできませんわな。。初めて気づいた。。何で今まで気づかなかったんだろう。。

 

スポンサードリンク


ボールを高い位置に上げて、ジャンプしてボールを落とす練習をする

まず親がボールを高くあげます。子どもの身長が高くなってる場合はイスに登ろう!

「今のジャンプより数センチ高くジャンプすれば届く」位置にボールを持ちます。

子どもの姿勢がまっすぐになる位置にボールを持っていくのも大事ポイント♪

 

トランポリンで飛びながらボールを落とすことにチャレンジ♪

あまり高すぎてもやる気をなくしますので「あと数センチ」がポイント♪

確実に落とせるようになってきたら、さらに数センチ上げます。

 

高く飛ぼうとすることで「姿勢を正す」意味合いもあるので、補助者は子どもの姿勢に注目していよう!

 

トランポリン療育の日はまず「ボール落とし」からスタートしています!

トランポリン=飛ぶことが基本なので、まずは「基本」を体に覚えさせたい。と思い
ななママは「ボール落とし」からスタートすることにしています。

トランポリンはかなり運動量が多いので、休みながらやってます。

 

ボール落としを5回やったら休憩、ユーチューブのトランポリン療育一回りで休憩。

できなかったところを復習。休憩。のような形で20分~30分程度を目標にしています♪

 

ほぼ全滅に近かったユーチューブトランポリン療育もかなりできるように!

まず「飛べる」ようになりました(*´▽`*)

そこからですか?とお思いでしょうが、我が子は「そこから」だったんで(*´▽`*)

 

「グーチョキパージャンプ」なんて1年は軽くかかるだろ。と思っていましたが、
他の運動も組み合わせているせいか、3~4か月でかなりできるようになりました!

 

トランポリンの最中「ふふ、楽しい♪」という言葉がけっこう出てくるようになって、
ななママも「楽しいでしょ?」と言いながら、心で超ガッツポーズ★

 

今の課題は「ケンケン」です!床でもあまりできないので、まずは床でできるようにならねば。

具合の悪い時によく読みました。過ごし方など参考になりました


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ